から
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

THE PRETENDERS「Break Up the Concrete」 

5296271_2130249922_235large.jpg
(買ったのは10インチ2枚組というとってもパンクしてる盤)

のっけから

南無妙法蓮華経
お願い仏陀

ときた

疾走感溢れる音にドスの効いた声でやるもんだから
最初は耳を疑った

歌詞カードにもちゃんと書いてある。

1980年、1stアルバムの1曲目で
吐き捨てるようにFuck offと唄うのが決まってた

2ndの頃までの、ドSで突き放した感じの、
あの時と変わらないクリッシー姐さん

いやもちろん変わってんだけど変わってない


この「Boots Of Chinese Plastic」は、
アメリカのTVドラマ「House」シーズン6、14話のオープニングで使われた。

詞に出てくるのは仏教の題目の他、

ハリ・クリシュナ(黑天)とかハリ・ラーマはG.ハリスン「My Sweet Lord」でお馴染み

ヒンドゥー教のマントラ

call me“Krishna Mayi”(クリシュナばぁちゃん)ってのは
自分の名前に引っかけたのかも

無敵だな


そして
アラーに、キリスト




宗教を股に掛けた快作

ただ、気になるのが
静脈を介して心臓に戻る滴たち

というくだり

こいつは単に血液のことでいいんだよね、姐さん?

・・・82年83と、THE PRETENDERSは立て続けにドラッグでメンバー二人を失ってる・・・


ここ何十年間か、彼女がアメリカ生まれだって知らなくて

絞り出すようなブルーズも

のどかなカントリーロックも

どれもが愛おしい


途中で
stop!とか
again!!
とか姐さんの一声でバックがぴたっと止まったり走りだしたりする
「Rosalee」が痛快


ご機嫌なボ・ディドリー・ビートのタイトルナンバーもいい

素敵だよ


2008年リリースだったけど
日本盤は出てない

ここ最近の傾向ではあるけれど

今回の再発プロジェクトでも蚊帳の外だ


この作品は、さしずめ

宗教上の問題だとか

ケツの穴の小さい話だろうけど


こんな傑作ロック埋もれさせないぜ絶対




毎日聴いてる。
Break Up the ConcreteBreak Up the Concrete
(2008/10/07)
Pretenders

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する