から
10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Annette Peacock「Mama Never Taught Me How to Cook: The Auda Years」 

アネット・ピーコックの方はカーラ・ブレイに比べ寡作。
特に1990年代は皆無に等しい。
2000年代に入ると復活し自らレーベルを立ち上げるなど精力的に活動中。

そして唄いますから。

彼女もトリオ-ケンウッドのモダーンムーザックコレクションで
1980年代初頭にLP「孔雀」(まんまだ)が出てる。

このアンソロジーはジャズというよかロックしてて。
特に2曲目、押し寄せてくる音の塊はファウストの「クラウトロック」寄りといっても過言ではないほど。

他にもブルーズっぽかったり

現代版ライトニン・ホプキンス、みたいな

ジャズとはカテしきれない実に様々なスタイルが聴ける

なかなか手強いぞ

ケヴィン・エアーズが好きだったらハマるかも

アマゾンのリンクを貼るけど
彼女の作品は、どれも決してこんな法外で不条理な値であってはいけない。
こまめに探せばきっと適正に買えるはずなので。
勿論、MP3で買うという選択肢もあるし。

Mama Never Taught Me How to Cook: The Auda YearsMama Never Taught Me How to Cook: The Auda Years
(2004/09/07)
Annette Peacock

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。