から
05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

BIOGRAPHY OF KLAUS DINGER 

webで完売なら店頭にも無いですよ

素っ気ない答えにうちひしがれるけど
ここでめげないのが男の子

昨日一目惚れしたけど6,500円という値段に衝動買いができず
後で検索したらネットで完売と知り焦りまくり今日に至る

ま、ライヴ一回パスしたと思えばいいか

でもね
観たくてももう観れないのだよ此の世に居らんのだからして


ならば買いじゃんかよ!


少しでも安く買おうとチケット屋でギフト券を仕入れて
DU各店を廻ってるのだけど
今思えば電話で確認すりゃ良かったんだよね
でもそんなこと考える余裕もなく走り出すのも男の子

いざ聖地P館へ

店に入るなり有無を問うと

それならそこに、、、

え?

え、ぇぇぇええええーーーーーっ

信じ難い光景が

3冊もおるではないか

しかも10%offのラベル
141129_1546~01
お買い得品って昨日からあんな思いして探しまくったのが、
お・買・い・得・品って、、、

一瞬何が起こってるのか把握できずフリーズ

輸送時に角が傷んだりしたものです

我に還り
3冊とも見せてもらうと、内2冊は問題ないレベル
ちょびっと角が凹んでるだけなのに値引き対象に

そこは査定が厳しい(誉めてるんですよー)DUだけある

こんな展開全く予想つかず
逆に2冊どっちか迷うぅ

嬉々として家に帰り早速開いてみる

日本語の解説ページがある
執筆はNEU!再発の日本盤ライナーでお馴染み、
その名も
堪木野衣(たぶん本名)

そもそもKlaus Dingerと日本とは縁があるので
随所に日本語がコラージュされている

そして、カヴァーは拡げると特大ポスターになってるという仕掛け
141130_1224~01
折り目一個分がLPサイズ弱だから如何にデカいか、、、

裏はネオンディアンの頃の
141130_1223~01

写真も豊富で、1枚がミヒャエル・ローター提供、2枚がアントン・コービン提供

英語の解説文も掲載されてるけど、ほぼヴィジュアルブックになってるんで
見てるだけで楽しめる。
あぁこの初めて見るとか、来日公演で買った旗のミニチュア懐かしいとか
ヤバイ涙腺

来日公演は、もう18年前になるのか
あの12月3日は生涯忘れない夜
1996年la! NEU?初来日

正式タイトルは「IHR KONNT MICH MAL AM ARSCH LECKEN(LICK MY ASS IF YOU CAN)」
ちょいとお下劣、だけど彼らしい
141130_1226~01

天国のDinger Landから気が早いクリスマスプレゼント
しかと受領。

クラウス・ディンガー展と写真集のお知らせ

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する