から
06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

うぇらぼー 

10年以上ぶりにビデオカメラを買った
あ、5年ほど前に買ったハイビジョンWoooは一応ケータイというカテで

かねてより次機買うなら4Kだなと漠然と思ってて
でもやっぱデカいよなー 出始めはいつもこうかぁ

ふと
目に入ったのが4Kという文字

それは自分とは縁の無いと思ってたウェラブルカメラ
バラエティーとかで頭に装着してるアレ、である

でも
かねてから動画は限りなく目線に近く撮ってたので

いきなり飛び込んできたウェラブルという選択肢

そりゃ小型CCDとかCMOSカメラは20年位前からあったけどさ 画素数が桁違い

綾瀬はるかがCMしてるやん

どんなにか高いかと思ったらそれほどでもなく
2機種目で新製品なのにもう値崩れ
ならば使ってみようではないか、うぇらぼー

8月はじめにやってきた
やーやーよーこそ
140921_1839~01
「ヘッドマウント」は同梱されてるんで、
ポーチタイプの「マルチベルト」を同時購入
panel1-2.jpg
(メーカーサイトより)

この手のものは後で…、とかだと納期が異常にかかる場合もあるんで

バッテリーは交換不可能 充電はUSB経由4時間半なんでパソコンがないと話になんない
で、動作確認済のACアダプタを購入
140921_1849~01

microSDカードは同梱されていないので秋葉で買っとく

4Kで撮ると見るテレビは4K対応
音声はモノラル
レンズは単焦点 デジタルズームなし 広角切り替えあり
水中カバー不要で本体のみで水深3m可能
再生は直近5秒間のみ あとはスマホで見ぃ、と

まぁ機能を絞り込んでの低価格実現ってところ

この手のデバイスは、やっつけで使うとえらい目にあう
一通り使い込んでからじゃないと残念な結果になる
旅行とかイベントは特にそう

いずれまた(っていつかよ)沖永良部や沖縄を訪れる際の為に
撮影が許可されているライブやイベントに

とは言え密かに企んでることはあった。
9月のZaine Griffのライヴだ。
何せVISAGEのライヴん時「何やってもいいですから」と言われて逆にたじろいだが、
招聘元が同じZaine Griffでも同様であればこれは格好の初仕事になろう


しばらくは近所の散歩のお供に 馴れたら徐々に活動範囲を拡げようって

動画サイトにアップしたりライブ配信する分には4Kは不要 てか見る側が対応しとらんので

4Kは32GBのmicroSDに50分強撮れるんで 旅先の景色とか、あと鉄分多いのね
十分っしょ
運転席からの展望映像って三脚立てるわけにいかんし
手持ちで構えてるのってかなりしんどい

撮影許可が得られればライブも楽しそうだよね 何せ手ぶらで目線撮り
先ずは友達のライブかな
ちっこいライブハウスにこのレンズは嬉しい

台風も近付いてるという日、近所の庭園で試し撮り
鏡の前でリハを繰り返し、いざ
直前になってスマホとの接続がエラーになったまんまだったので画角が確認できない
意を決して勘を頼りに臨む 途中、画角が気になって何度かスタビライジング
wearable1.jpg
(Wifi復旧後スマホで確認画面を映してる)

国立博物館の帰りにも試し撮り
wearable2.jpg
(傾いてるね)

いよいよ鉄 用途

先ずは日暮里舎人ライナー
wearable3.jpg
バッテリーを充電してなかったんで途中で電池切れ、たはは

そして小湊鉄道 前夜にフル充電して臨む
wearable4.jpg
(道路脇にある丸ミラー的な)
wearable5.jpg
降雨の為、運転席からの映像は無しっす

タブレットと無線で通信してるのでその分バッテリーは消耗する
小型、セパレート化ゆえの弊害か

なんでモバイルバッテリー(また買う)
今まで縁のなかったデバイスなるも さすがにここは買っておかねば
140921_1852~01

ラッキーなことに充電用のACアダプタが この前に買ったものだった
140921_1853~01

家電/PC/携帯・スマホなどの垣根が取っ払われ
周辺機器の互換性が高くなったのは大歓迎
一昔前では考えられなかったことだけど
海外を視野にいれてる日本のメーカーならもはや当たり前なのかも

これで準備万端だぜ

そんなこんなしてるうちライヴが近付いてきた 友人より先にZaine Grif

これまでの試し撮りを踏まえると ヘッドマウントが良いのではという結論

あら?振り出しに戻る
ちゃんちゃん

でもあれは綾瀬はるか とかネイマールがやるから様になるんであって
Haruka.jpg
(メーカーサイトより)

風景、旅行なんかはいいけど ライヴとなるとある意味スポーツ
なんでゴムバンド装着しーの テープで頑強に固定
140922_0824~01

初めて装着してみると 長い髪が幸いしてか 思ったよりいい感じにグラデーション
カメラの色もオレンジにしないで良かった~
街中を歩けと言われれば躊躇するけどライヴ会場なら大丈夫 

マイクが内側、つまり顔の方に向くんでライヴ音源より自分の声が
ま、それも良かろう

ステレオで別録りって手もあるけどそこまで…

ライヴが近づいてきた
まてよ、よくよく考えればライヴでじっとしてるなんて拷問
で、最終結論が
まさかの三脚

ヘッドマウントでもなく肩掛けでもなく

ま、その為に検証期間を十分とったのだから

ウェラブルカメラに三脚というパラドックス


当日を迎えた
設置したのがモニタースピーカー真横なんで どんだけ音割れするかと思いきや

アンコール前に確認したらバッテリー残量がヤバいことになってる
モバイルバッテリーで充電を試みたが スマホ同様、電源オフじゃないと充電効かないんで
しかもインターバル殆ど無く登場してくれたもんだから
はたと思い付き既存機種(Woooケータイ)で手撮り

終わってみればバッテリー切れなく完録してくれた 音も思ったほど悪くなく

初ライヴにしては思った以上の仕事

もっと長時間だったら、でも大体アンコール前は少なくても数分あるだろうし
今やサブになってしまったがハイビジョンのWoooケータイだって十分戦力になる

早速パソコンに取り込む 自動的に分割されている

YTにアップ
こちらをどうぞ
Zaine Griff


多分もうじきセパレートタイプのが出るだろう
無線だから余計バッテリーの持ちが気になるとこだ

試用を重ねるうちwifiモードにせず液晶画面も5秒で消えるよう極力省電にしたのが幸いした

三脚には「マルチベルト」に同梱の「クリップマウント」で
三脚の台を挟みテープで固定すれば良いけれど
140921_1846~01
(あ、あぶなっかし)

やはりそこは専用の「トライポッドマウント」が欲しくなりまたもや追加。
140921_1847~01

とにかく買って良かったぁ

これから出かけるのが楽しみ

でもヘッドマウントはどう見ても 怪すぃー
職質必至のツールだな


うぇらぼー、芸人さんじゃありませんよ




Panasonic ウェアラブルカメラ グレー HX-A500-HPanasonic ウェアラブルカメラ グレー HX-A500-H
(2014/06/12)
パナソニック(Panasonic)

商品詳細を見る
関連ソフト

「HD Wtiter WE 2.0」をダウンロードしてインストール

まだあまり使いこなしてないけど、まぁこんなもんかな

動画の部分削除とか普通にできるし
勝手にショートムービー作ってくれるし(これは良し悪し)

こんな感じ


カオスだな

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する