から
05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

9nine「MAGI9 PLAYLAND」 

全編EDMの応酬

しかもキラーチューン多し

2曲目「Forget-U-not」からクールなトーチソングに涙腺を攻撃される
こいつは心して聴かな

以前に増してドキッとする曲が多くなった

より大胆にフィジカルに オトナ9nineが加速してる

4月末に発表されたイメージヴィジュアルでそれは感じ取られ
特にひろろのオトナ指数には目を見張った
Magi9Playland2.jpg
この村田さん。女子高生にしてはヤバすぎますぜ
彼女はメンバー1のキレモノダンサーであるが、豊洲のライヴで披露された
「out of the blue」 で憑かれたように激しく踊る様は尋常ではなかった
単に若さだけじゃないだろこれは
天賦と努力だけでもないよねきっと

タイトルナンバーとも言うべき4曲目「THE MAGI9AL FES.」、
OMDそっくりのリフが出てくる

5曲目「out of the blue」、哀愁のユーロビートサウンドが切なさを倍増

8曲目「NeXT to FUTURE」では
「そろそろいいよね」
「覚悟はいいよね?」
というリフがテレビゲームの効果音に乗って繰り返される


9曲目「LOVE VAMPIRE」、アイドルなら一度は通る道ヴァンパイアもの
本田翼&大政絢主演の「ヴァンパイア・ヘヴン」の主題歌、みたいな

でも肉食ならこれを思い出すっしょ
140623_1624~01
(2012年、海さんの雄姿)

10曲目「To Be continued...」、
80年代の一風堂や、テクノ歌謡の必須アイテム、オリエンタルなサウンドをスパイス

11曲目「【fu:】」、
気が多い相手にダメ出しを連発するコミカルタッチなストーリーを
軽快なメロディーに乗せて
キメの「会いたくなった」が良い

12曲目「D.N.A.」も9曲目同様、テクノ歌謡の王道


シングルは今まで通り何れもシングルテイク だけど
「With You / With Me」 だけはアルバムテイクがボーナストラックとして収録されてる
これは嬉しい
しかもサビで始まるという12インチシングルの王道

畳み掛けるようなビートと連射される歌詞
それが14曲目「ALGORITHM+LOVE」、
特にコミュニケーション・ブレイクダウンという歌詞がキマッてる
全編にわたりクラフトワークの「ロボット」が引用されてる
これがベストトラックかな

本編ラスト「Prism Drops & Falls」は、この時期まさかのクリスマスソング
聴いてると体感温度が2度は確実に下がる


ここまで80年代が色濃いとは思わなかった。
洋楽、特に80年代ものを通過した世代には楽しみ方が倍増。
そんな作品に仕上がってる。

大好き。

MAGI9 PLAYLANDMAGI9 PLAYLAND
(2014/06/18)
9nine

商品詳細を見る

ジャケットのイメージほどサイケじゃないっす、、、

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する