から
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

9nine Wonder Live in サンプラザ 

ストーンズも、ポールも、ディランも行かずに
9nineに行くことにした。

8月の武道館初ライヴは離れて見守ることになるだろうから今回ちょっと奮発して8列目のチケットを入手。
140426_1730~01


洋楽でもそんな前方に来たことないサンプラ

サンプラザっていつ以来だろ

80年代の洋楽ライヴ以来かも、、、

今回、初めて予習

80年代の洋楽ライヴは必ず予習したものだ

旅行に行く前にガイドブックを熟読して旅先では名所の確認をする、みたいな

それはそれで良かった


観に行けなかった2012年のクリスマスライヴのBDをMDに落としMCを編集

公開されてる2013年11月舞浜ライヴのセットリストに沿ってMP3をスマホに装填

9nineのライヴはシングルのカップリングも漏れなく拾ってくスタイル。
なので歴代シングルのカップリングも


初期のシングルカップリング曲を聴いてると、洋楽のコピーという印象が強い
特に80年代から90年代までの

「マテリアルワールド」のイントロは、まんまフットルースだし、
ちょっと不良っぽかたり
そう、
アヴィリルとかP!INKなんかがお手本だったんだろな
あとKTタンストールまんまの「Cute」(c/w「SHINING☆STAR」)

「モノクロ」(c/w「少女トラベラー」)は、ずっとR&B色が強い
イントロのギターリフは「Spec」のエンディングそっくり

結果論だけど、あのままでは今の9nineがあったのか定かでない
背伸びするのもやっぱり限界がある
同じ背伸びでも「Evolution no. 9」なんかがちょうどいい

それぞれのナンバーは時代を感じさせる

なことを思ってたからか、
今日は開場から開演時間まであっという間な感じがする

5分前
かなりの熱気が会場を包む

moblog_d386c206s.jpg


開演時間を少し過ぎ、オープニングのダンスチューンの爆音。


予習の効果ばっちり
最新シングルから「ポジティ部」「Party9」
この2曲は嬉しい。

それと「Just A 恋」(c/w「Evolution No.9」)

「モノクロ」、それに「119」は1stシングル「Cross Over」のカップリングで
ライヴで初めて聴くことができた。やっぱライヴならでは、だなー。
今日は3分の1近くをカップリングが占めてたのも9nineらしい。


4月26日 中野サンプラザにて。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する