から
05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

ジャンヌ 

「ノーベル賞作家が暴く、聖女ジャンヌ・ダルクの真実」

正直、バーナード・ショーってもピンとこない。

2012年12月に堀北真希主演のジャンヌ・ダルク以来で、
これでジャンヌの舞台は2度目になる。

今回は幸運にも区民招待に当選して観ることができた。
しかも7列目。

堀北ジャンヌは米粒ほどだったけど
今日の笹本ジャンヌは近い

さて、ジャンヌが舞台初出演だった堀北真希に対し、
ミュージカルメインで舞台経験では膨大な数をこなしている笹本玲奈。

だから舞台も全く別物になる

最初はかん高い声が耳についたけど、憑りつかれたような目つきなど迫真の演技にどんどん惹きこまれた



ネタバレになるが敢えて書くと

ジャンヌにつきものの
「神の声を聞く」「オルレアンの戦闘」「戴冠式」「幽閉」「火刑」
といった場面は直接は描かれない。

だから、これらを期待する方にはお奨めできない。

そのかわりジャンヌに関わる様々な人の思惑が語られる場面が多い

これがかなり長く、その膨大な台詞には正直ちょっとツラかった

宗教裁判の場面は、心理戦であることが強調され、結局は自ら火刑の道を選択せざるを得ないという
過程をとても丁寧に描かれていたのが興味深かった

最終的な罪は「男装」、これが“異端”であるという証だと

死刑執行人まで法廷に呼び寄せ処刑の恐怖を徹底的に刷り込むという手段

一旦は宣誓書のサインをし火刑を免れるものの、それが終身禁固刑であることを知らされ、
あくまでも釈放を主張するジャンヌが激情の赴くまま火刑の方がまだまし、と誘導されてしまったのだ

長きにわたる幽閉、男装は監視のイギリス軍の兵士たちの目から身を守る為のもの、幾度の拷問、繰り返される尋問
そして法廷での巧妙で冷酷な審議
どうあれ、初めからシナリオは決まっていた
それを二転三転、恐怖と安堵を弄ばれ、混乱と混沌の内に平常心を奪い

普通の人間ならとっくに参ってるだろう
でもジャンヌは良く頑張った
そしてもう疲れた、そう思ったのではないだろうか正直のところ


これは現代でも法廷で良く使われるテクニックである


そして、エピローグ。

いままでこんなジャンヌの物語はお目にかかったことがないくらい斬新で大胆なものだった。

まさか時空をも超える大団円になるとは想像すらつかなかった。

ラストシーンでライトがだんだん絞られていき、スポットライトだけになった時

唄うか?笹本。って本気で思った

さすがにミュージカルではないので

でもあの退屈な時間を耐えたからこそ、この何とも言えぬ感覚を味わうことができた。


唄ってもいいよ、そう思った



ジャンヌが火あぶりにされ、ジャンヌに関わった人々は、それで終わりだったかもしれないけど、
ジャンヌにとってはそれが始まりだったということがとても心に残った。


ジャンヌに向けられた印象的な台詞を二つ

「君は宗教に恋してるんじゃないのかい?」

「君は戦争に恋してるんじゃないのかい?」


7時開演で終演は10時10分

ジャンヌに少しでも興味があるなら見て損はない。


9月5日世田谷パブリックシアターにて。本日初日。
jeanne130906_0053~02

そういえば、出演女優は笹本玲奈 ただ独り。
王妃や側近、家族など女性は一切出てこない。

一癖も二癖もある俳優陣の中で文字通り孤軍奮闘してる

生きてるうちも天に召されてからも結局ジャンヌは、ひとりぽっちなのだという
原作の意図を汲んでのキャスティングだろうか。

こんなキャスティングも今まで見たことがない。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する