から
06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うかうか三十、ちょろちょろ四十」アフタートークショー 

2月の「テイキング サイド ~ヒトラーに翻弄された指揮者が裁かれる日~」以来の福田沙紀の舞台。

今回は井上ひさしの幻のデビュー作といわれる作品。

喜劇とはいえ、かなり毒が盛られているので油断しているとハシゴを外されることになる。

東北各地の方言がリミックスされた“井上ひさし流”の東北弁がとてもいい感じだった。

終演後のアフタートークショーも楽しめた。
デビューして8年目、舞台にも積極的に取り組んできた福田沙紀、
難しい役どころを見事に演じまた芸の幅が広がったと思う。
テレビの露出こそ少ないが、これから楽しみな女優の一人。


来場者全員に山形の新ブランド米「つや姫」が配られたのも嬉しい。
130519_0100~01

紀伊国屋サザンシアター にて

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。