から
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

45回転の日 

第二回 ストーリーズ レコード鑑賞会 45回転の日

130405_1912~02

45回転盤の魅力を皆で分かち合いましょう。自慢のレコードを携えた皆様のご来店を心よりお待ちしております。
(フライヤーより)

というわけで、事前に店主に確認したのが、45回転ならば7インチでなくてもOK。10インチでも12インチでも45回転なら良いというわけ。そのかわり、7インチであっても33 1/3回転はNG。
7インチ以外でもOKということで俄然選択肢は増えたが、いかんせん重い。
どうにかユニオンのバッグに入るだけに絞って臨む。
朝から持ち歩くとさすがにキツいなぁ。

7時の開店と同時に入ろうという同じ企みを持つ同朋とともに開店を待つ。

そして45回転の日、スタート。
一枚目は、復刻盤ながら、1965年nicoの1stシングル「I'm Not Sain'」にした。
あとはMONSOONの1st、LA DUSSELDORFの2枚、これはジャケットが受けたなぁ。

7インチは7枚しか持参しなかったので早々にネタ切れ。

ラッキーなことに、店のストックからデュルッティ・コラムの12インチをかけてくれた。

これで10インチもかけられる。

んでOMDの「Message」の10インチB面。ヴェルヴェッツの「I'm Waiting for the Man」のカヴァーをやっているのだ。

あとは怒涛の12インチの応酬。

ほんと久しぶりにターンテーブルに載せられて、皆うれしかったと思う。

途中、今日にちなみドーナツの差し入れがあるというとても心憎い演出もあり。

後ろ髪を引かれながら店を後にしたけど、きっと朝まで45回転の日は続いていると思う。

面識の無い人同士でもジャケットを前に話は弾む。
それぞれ思い入れ、こだわり、そんなものを語り始めたらきりがない。

これって、子供の頃、メンコやベーゴマを自慢しあったのとまるっきりおんなじ。

とっても素敵なことだ。

こんなに楽しい夜になるとは思わなかった。

130406_0032~01
この日、かけてもらった45回転の一部。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する