から
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

20th Jun Togawa 

選曲最高!!

ブリジット・フォンテーヌ「ラジオのように」に始まり、
Phewの「終曲」、
ヴァネッサ・パラディ「Joe le Taxi」しょ?
パティ・スミス「Because the Night」とくるわけだ。
何その展開

声がそっくりなのには驚いたが、アレンジは本家よりパンキッシュでガレージっぽい

で、スラップ・ハッピー「カサブランカ・ムーン」だぜっ、何と。

鳥肌立ったよ。

声は敢えてダグマー・クラウゼとは違うタイプにしたみたいだけど
スラップ・ハッピーをこれほどカヴァーできるアーティストなんて日本じゃ
後にも先にも戸川純しか居ないんじゃない?

ラストはヴェルヴェッツ「All Tomorrow's Parties」
1990年代からパンク、ガレージ系のバンドがこぞってカヴァーを発表し、
それらは何枚かのコンピレーションにまとめられた。
その時の感じだ。

ここでもnicoと対峙するようなスタイルで歌い上げている。
圧巻

これで20世紀とおさらばしたわけだ。

素晴らし過ぎる20周年記念作品。

20th Jun Togawa20th Jun Togawa
(2000/09/25)
戸川純

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する