から
08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザイン・グリフ「灰とダイアモンド」「フィギュアーズ」 

10年ほど前に一度CD化の予定が発表されたが、幾度の延期の末、立ち消えとなってしまった。
それだけに今回のCD化は本当に喜ばしい。

もう、CD化されただけで十分なのに、今回ボーナストラックが収録され、シングルB面も網羅されることになった。

オープニングを飾る「Tonight」は1stシングルにもなった、当時のお手本のようなサウンド。
それから畳み掛けるように煌めくばかりのエレクトロ・ポップの世界へと誘う。

今回のCD化で彼がデンマークの血を引くニュージー・ランド生まれだということを初めて知った。
(実はLPのライナーにもそのことはちゃんと記載されている)
勝手に北欧のイメージを持ってしまったみたいだ。

実際は、この1stの方が後に聴いている。2ndのグラマラスな感じとは違う尖がった感じがした。

AshesAndDiamond(LPと共に)



2ndアルバム「フィギュアーズ」は、アーティスト名を知らないまま、
帯に記載されているゲスト・ミュージシャンに魅かれて買った。
ケイト・ブッシュ、ウォーレン・カン(ウルトラヴォックス)、高橋幸宏
明らかに1stとは違い、いかにも、のジャケットに若干ひきつつ...。
デザインはピーター・サヴィルだと知り、これも納得。
(それもちゃんとLPジャケット裏にクレジットされてるんだよね)

美意識、という言葉はこのジャケットの為にあるのではないか。

「Vienna」のウルトラヴォックスの様式美をさらに極めた、みたいな。
ポートレートは土屋昌巳かと思った。(数か月後に1stアルバムのジャケットで知ることになるのだが)

1曲目から完璧なほどに確立された世界観でこのアルバムは貫かれている。

Every step we take,every move you make
Every rule we break
という唄い出しで始まる「The Proud Ones」が録音されたのは、
もちろんTHE POLICE「Every Breath Take」の1年ほど前のことだ。

よりドラマティックに、音は重厚になりエレクトロニクスの導入もより凝ったものになっている。
そして殆どが曲間なく次の曲に移っていき、流麗さを醸し出している。
アナログA面でのクライマックスは4曲目「Hot」だろう。
日本ではジュランなどが同様のサウンドを展開していた。

「華氏451度」は、ウルトラヴォックス+バグルスといった感じ。


アナログB面オープニングを飾るのがタイトルナンバー。
一度聴いたら忘れられない印象的なイントロのリフ。


こちらのボーナストラックは、さらに凄いものとなっている。
入手困難な12インチ・ヴァージョン(ウルトラヴォックス「Passionate Reply」のカヴァー含む)など5曲。
「Figures」の12インチ・ヴァージョンは、アルバムテイクより1分ほど長尺のテイク。
「Swing」はアルバム未収録のシングル。

...さらに。それは聴いてからのお楽しみ。

Figvres(LPと共に)



解説によると、3rdアルバムが2011年にリリースされ、元スプリッツ・エンズ/クラウデッド・ハウスの
メンバーと4作目も制作中とのこと。
今月20日にはロンドンでトーヤと共演したらしい。
今後の活躍が楽しみだ。

日本にも、どうかなー?


当時のポートレート
3人
(左から)スティーヴ・ストレンジ、ミック・カーン、ザイン・グリフ


灰とダイアモンド(紙ジャケット仕様)灰とダイアモンド(紙ジャケット仕様)
(2012/10/24)
ザイン・グリフ

商品詳細を見る

フィギュアーズ(紙ジャケット仕様)フィギュアーズ(紙ジャケット仕様)
(2012/10/24)
ザイン・グリフ

商品詳細を見る
「灰とダイアモンド」1983年3月20日レコファンにて¥1,150。
「フィギュアーズ」1983年1月5日レコファンにて¥950。
OnTheVOX |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。