から
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

a~ha「ハンティング・ハイ・アンド・ロウ」(デラックス・エディション) 

当時はアンチ派だった。

知り得たばかりのジャーマンロックとか、とんがった音楽ばかり聴いてて、「こんな子供だまし」と見下していたのだ。

もちろんアルバムを聴くこともしなかった。

けれど当時のMTVやFMからヘヴィローテーションで流れてくる「Take on Me」「The Sun Always Shines on T.V.」「Hunting High and Low」といったシングルが否応もなく身体に沁み付いていたのは間違いない。

今でもそれらのイントロを聴くと血が騒ぐのだから。


ちゃんと、聴こう。
そう思った。

このデラックス・エディションは、「Take on Me」が4テイク、「The Sun Always Shines on T.V.」「Hunting High and Low」「Train of Thought」がそれぞれ3テイク収録され、その他デモテイクなどの音源が満載の2枚組全27曲だ。


今改めて聴いてみると、デモの時期はヴォーカルは所謂“ニューウェーヴな”スロートヴォイス唱法だったのが、
アルバムになるとファルセットを特長としたスタイルに変わっているのが興味深い。

音も同様。デモのレベルでは、一介のニューウェーヴ・バンドで終わってたかもしれない。

それが世界的ヒットに結び付いたのはMTVによるところが大きいというのはご存知の通り。

「Take on Me」一つとってもどんどん洗練されていく過程が楽しめる。

とってもへんてこなテイクがあるのが面白った。

ハンティング・ハイ・アンド・ロウ(デラックス・エディション)ハンティング・ハイ・アンド・ロウ(デラックス・エディション)
(2010/07/21)
a-ha

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

いいっす!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する