から
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

PRODUCERS「Made in Basing Street」 

絵に描いたような会心作、とでも言えようか。
売れ線のお手本、という方が相応しいだろうか。

まぁ、ロル・クレイムにトレヴァー・ホーンがメンバーなのだから、
(あとの二人もたぶん大御所。知らないだけ)
さしずめ2012年版バグルスといった感じ。

ZTT色は、あまり感じられないけど要所要所にトレヴァー・ホーンの主張が伺える。

もちろん、ゴドレー+クレイムの曲のリフも登場するのでご安心あれ。

ジャケットに写るメンバーは、もういい加減な歳である。
なのにAOR風、哀愁ディスコ、a-haみたいな曲を大真面目でやっている。

それにしても、よくまぁこれだけ次から次へと売れ線サウンドの応酬を、とはいうものの
「プロデューサーズ」にとってはお手の物なのだろう。

ボーナスCDの最後のシークレット・トラックに思わず耳を疑った。
聴いてからのお楽しみ。

80年代サウンドが好きな方には絶対お奨め。

日本盤24日まで待っても良いけど、輸入盤にも歌詞カードは付いてます。
Made in Basing Street(2CD DELUXE VERSION)Made in Basing Street(2CD DELUXE VERSION)
(2012/07/03)
Producers

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する