から
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

PANTA~雷「氷川丸 古い未来から新しい過去へ」 

氷川丸1

頭脳警察ファン有志主催ライブ。横浜のサムズアップにて。
氷川丸2

PANTAが氷川丸に寄せる想いは並々ならぬもので、薄々は知っていたけど、
入場の際に渡されたPANTA直筆の文章のコピーを読んで思いを新たにした。

まぁ簡単に偶然とか巡り会わせとか奇跡とか言えない、凄まじい歴史を秘めていることが良くわかった。
そして、PANTAによると、誰もがこの世に生存しているのは“ほんの小さな幸運”に恵まれたからで、
この世に生を受けた喜びを享受せねばならない。(PANTA筆)

これにはぐっときた。
PANTAに言われたんじゃね。


5月からしばらくアコースティック・ライブが続いたけど、今夜は5人編成のバンド。
その名も雷(IKAZUCHI)。駆逐艦マニアのPANTAらしい命名だ。

雷の艦長のエピソードも直筆のコピーが配られた。
氷川丸と雷の詳しい資料も一緒にあって、今回のライブを主催するにあたっての
意気込みがひしひしと伝わってくる。
これは宝物だな。

前半は頭脳警察のナンバーを1時間弱。
298619_230877950374363_287197511_n


休憩挟んで後半はソロ・ナンバー。
PANTA曰く「長丁場」の通り、とても見応えのあるライブだった。

ファンクラブ有志主催だけあって、勝手知ったる観客ばかりで、
一緒に歌い、叫び、踊る。
487516_230878003707691_2037664179_nファン

58743_230878157041009_190942608_nファン2

580407_230878210374337_1266289408_n


2回のアンコールに応え、「万物流転」「悪たれ小僧」で、ひとまず錨を降ろした雷だった。


グッズ販売コーナーで、PANTAと琢己モデルギターのピンズがあったので購入。
これも宝物。

552598_230877933707698_1450907510_nピンズ
(二つともジャケットに着けていた)

ライヴの写真は“頭脳警察公認遊撃カメラマン”シギー吉田氏のご厚意により使用快諾いただいたもの。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する