から
06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

Ludwig's Law 

結構目にしていたので入手困難とは知らずに、そのうち紙ジャケットで再発でもするだろうと
のんびり構えていたが、そうも言ってられないようなのので安いのを見つけたうちに買った。

参加メンバーの名前から期待される何倍もの収穫。
クラスターのメビウスと、今は亡きドイツ電子音楽の巨匠コニー・プランク師、そしてレッド・クレイオラのメイヨ・トンプソン。
前者二人は幾つかの共作を残しているが、問題は3人目、何故メイヨ・トンプソンなのだ。
なんだかドイツ電子音楽と一番遠いとこにいそうな存在なのに。

まぁ、そもそもメイヨ・トンプソン、様々なアーティストやグループと合流したりプロデュースしたりしてるから、ドイツに立ち寄ったのも自然の成り行きなのかもしれない。

録音は1983年、コニーのスタジオ。

ジャケットがメイヨ・トンプソンの志向っぽいな。
このとぼけた感じがうまいこと音に反映されているし、オリエンタルっぽい音の使い方といい、
まさに80年代テクノ、ニュー・ウェーヴのお手本のようだ。


1989年にP-VINEから日本盤もリリースされたけど、ライヴやデモテイクと合わせ、絶対再発すべき名作。
ラドウィグス・ロウラドウィグス・ロウ
(1999/01/10)
メビウス

商品詳細を見る


こちらはUS盤。高値がついてる。
Ludwig\'s LawLudwig\'s Law
(1998/11/30)
Moebius、Plank 他

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する