から
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

Antony and the Johnsons「I am a bird Now」 

この人について説明しようとすると、おそらく本質を見失うだろうから興味のある方は調べてほしい。
それでは余りにも不親切なので、せめて人名だけは挙げておこう。

ジャケットの写真は、もちろん本人ではなく、キャンディ・ダーリング。
1960年代、アンディ・ウォーホールのファクトリーの象徴でもあり、ヴェルヴェッツの「Candy Says」のモデル。


この2ndアルバムのゲストは、ルー・リード、ボーイ・ジョージ、ルーファス・ウェインライト、ディベンドラ・バンハートなど。

この作品の後、ビョーク、マーク・アーモンド、マリアンヌ・フェイスフルのアルバムに参加。

両手で受け止めなければ壊れてしまいそうな雪の結晶が幾重にも舞い降りてくるような。
繊細で穏やか、時には切なくもの哀しげな唄声。

アイ・アム・ア・バード・ナウアイ・アム・ア・バード・ナウ
(2005/05/13)
アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ

商品詳細を見る
(歌詞は掲載されていないので安価な輸入盤がお奨め)

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する