から
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

DIRE STRAITS「Brothers in Arms」 

ロックCD史上初のフルデジタルレコーディングとして歴史に刻まれている
ダイア・ストレイツの5thアルバム。
まだまだアナログ全盛の頃、このアルバムでCDが爆発的に普及することになる。

ロングヴァージョンなどを収録する別仕様は今までカセットテープでしか
その手段がなかったが、LP2枚分を収録できるCDがすぐさまカセットテープに置き換わった。

このアルバムも9曲中4曲がCDテイク。そりゃ売れるわな。
とはいっても音源自体は10インチ、12インチシングルのものなので、
しばらくこのアルバムのCDは買わないでいた。

5年ほど経ってUSA盤を買ったのだが、ジャケットの表と裏に誇らしく
「A FULL DIGITAL RECORDING」とタイトルと同じ文字サイズで書かれていたのが
印象的だった。いわゆるDDDというやつである。

2005年、20周年記念盤リリース。
ボーナストラックが収録されているわけでもないし、
5.1サラウンドサウンドリミックスも関係ない。
SACDとCDとのデュアルディスクとのこと。

初めてSACDとして聴いたが、音のキレと迫力の違いは わかった。

BrothersInArms(LPと共に)

ところで、彼らはアウトテイクやデモテイクとは縁が無いらしい。
当時のシングル5枚とも、B面はアルバム収録曲や既存発表曲(ライヴが多い)で、
Mark Knopflerのソロ作品さえもB面にしてしまう状態だった。

けれどアルバムを制作している以上、必ず何らかの未発表音源があるはず。
ちなみに前作「Love Over Gold」は当初2枚組の予定で、「Private Dancer」(他人に提供しヒット)など録音したという記録が残っている。
いつか聴いてみたいものだ。
Brothers in ArmsBrothers in Arms
(2005/05/17)
Dire Straits

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

こんばんは。
私も当時、LPと10インチ、12インチシングルを買って、CDを買ったのは大分後になってからでした!
ロックCD史上初のフルデジタルレコーディングだったのですね。
恥ずかしながら、全然、覚えていませんでした・・・(汗)

言われてみると、ダイアー・ストレイツにはアウトテイクやデモテイク、ないですね!びっくり。
昔、存在だけ知っていた「What's The Matter Baby?」が聴きたくてライブのブートレッグを買いました。その後、Live at the BBC に収められましたが、やっぱりライブでしか発表されていないんですよね・・・。
Re: タイトルなし
Shinobuさん、コメントありがとうございます。

David Knpflerは、12インチテイクなんかがあるですけどね。

その1曲を求めて奔走する、わかります! 後になって普通に音源化されるってことも良くありますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する