から
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

ジーザス&メリー・チェイン「サイコキャンディ」 

とにかく衝撃だった。1985年だから、まだ学生の頃だ。
ヴェルヴェッツを体験して間もない頃だったから、それにしても受け止められるキャパが。

深夜のTVからけたたましいフィードバックノイズとともに「Never Understand」が鳴り響いた時には
思わずTVのヴォリュームを絞った。
PV--->The Jesus And Mary Chain - Never Understand

もう1曲はフィル・スペクターを思わせる「Just Like Honey」。
ヴォーカルはノイズに埋もれ声が聞き取れない。何て不遜な曲だ。
--->The Jesus And Mary Chain - Just Like Honey


この2曲を同じバンドが奏ってるのは凄いと思った。

レコード・ミラーなどの雑誌では30分でギグをやめて暴動が起こったとか、
パンクの時代を彷彿とさせるエピソードの記事が載っている。

それにしても何だ、この不機嫌な兄弟は。

迷うことなくアルバムを買った。
それからしばらくの間、このアルバムは寝ぼけ醒ましに使われた。

PsychoCandy(LPと共に)

所有しているアルバムとしては唯一の「サイコ・キャンディ」。
それ以降の彼らの動向は、あまり気にならなかった。
果たして「サイコ・キャンディ」を超える作品は生まれていたのだろうか?

サイコキャンディ(紙ジャケットCD)サイコキャンディ(紙ジャケットCD)
(2008/07/23)
ジーザス&メリー・チェイン

商品詳細を見る

今でも真夏に閉め切った部屋を響かせながら聴くのが心地良い。
2011年8月8日ディスクユニオン渋谷中古センターにて\1,280。

【注】
実際にオンエアされたのは、1986年に入ってから「ザ・ポッパーズMTV」。
1晩でこの2曲をフルコーラスでオンエアしたピーター・バラカンも凄い。

LPを手に入れたのは1986年2月21日、1,650円だった。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する