から
05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

ザ・ベスト・オブ・マールタ・セベスチェーン~ザ・ヴォイス・オブ“イングリッシュ・ペイシェント” 

1997年にRYKO(日本ではビデオアーツ、販売はパイオニアLDC)からリリースされたベストアルバム。
タイトル通り、映画「The English Patient」(1996年)のサントラに収録され話題になった現象を受けてのリリースと言える。
当時は日本盤も結構出ていて、「Kismet」が「運命」という邦題だった。その「Kismet」からは3曲収録。ムジカーシュ名義「ブルーズ・フォー・トランシルヴァニア」からも1曲。

そして彼女を知るきっかけとなった「すみれ色の大地」からは2曲。
特に「Teremtes」(創造)は映画「おもひでぽろぽろ」(1991年)のサントラにも収録されている名曲。

色々なジャンル/スタイルの曲がバランス良く収録されている。日本盤はボーナストラック3曲の全16曲で、そちらがお勧め。
The Best of Marta Sebestyen: Voice of The Best of Marta Sebestyen: Voice of
()
不明

商品詳細を見る
(こちらは輸入盤)
ザ・ベスト・オブ・マールタ・シェベスチェーン?ザ・ヴォイス・オブ“イングリッシュ・ペイシェント”?ザ・ベスト・オブ・マールタ・シェベスチェーン?ザ・ヴォイス・オブ“イングリッシュ・ペイシェント”?
(1997/04/23)
マルータ・シェベスチェーン、マールタ・シェベスチェーン 他

商品詳細を見る
(日本盤)

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する