から
05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

GANG OF FOUR「entertainment!」 

通過儀礼は念には念を入れて慎重に行った。

彼らを認識したのは2009年の夏のことだった。--->GANG OF FOURの1stシングル

が、耐性ができていなかったので のめり込むには早すぎた。
しばらく冷却期間をおき、1979年リリースの1stアルバムを ようやく目当てのRHINO盤で手に入れた。

これが凄く充実した内容で、ボーナストラックとして、まずは1980年10月リリースの「Yellow EP」。これにオリジナルアルバム未収録の1stシングルのカップリング「Armalite Rifle」やライヴでお馴染みの「He'd Send in the Army」(邦題「軍隊を送りこんだ男」)が含まれている。ここまでは他のフォーマットと同じだが、さらにRHINO盤は4曲。
そこには何とヴェルヴェッツの「Sweet Jane」のライヴが収録されている。テクニックも何もあったもんじゃない、これには痛快極まる。
さすがヴェルヴェッツの申し子たち。
ボーナストラックも含めオリジナルナンバーには歌詞が掲載されているのも嬉しい。

本編は、やはり1stシングルの「Damaged Goods」とイントロのフィードバックノイズが1分半の「Anthrax」(「Love Like Anthrax」から改題)が光る。そしてオープニングの「Ether」と「At Home He's a Tourist」。

全編を通してハードボイルド小説を読んでるようなスリリングさと、鋭利な光と濁った水路の異臭、緊急処置室のエーテルの匂い...そんなものを感じ取ることができる。

これは本当に聴いておいて良かった、心からそう思うアルバムだ。

Gang of Four - Damaged Goods - Live, Atlanta 1980

1980年のライヴ--->Gang of Four - Anthrax

Gang of Four-He'd Send In The Army (1981)

EntertainmentEntertainment
(2005/05/17)
Gang of Four

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する