から
06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

オシャレな週末は嫌い 

80年代のUKを中心とした音楽シーンは、ファンクやラテン、ボサノヴァなどが次々輸入され、ジャズファンク、ファンカラティーナというジャンルが確立され、メインストリームと融合しつつ様々なスタイルが生まれていった。

そんな中、大っ嫌いだったのがスタイル・カウンシルとジョー・ジャクソン、エブリシング・バット・ザ・ガール、スティーリー・ダン。

意識的に遠ざけていた。
似たような音楽は良く聴いてたのだが、何でだろうね。
理由なんてなくてたぶん生理的に受け付けないってのが正直なところ。

ヤング・マーブル・ジャイアンツさえ知らずにウィークエンドなんかを聴いてたので、
そのノリでこのワーキング・ウィークも12インチを買ったりした。
2枚組のアルバムは高くて手が出なかったなぁ。

ウィークエンドも20年位前に聴いてみたら全然つまらなかったし、
音楽って時期や環境で印象が変わるんだと思った。

で、ワーキング・ウィークのアルバムがCD化された。
素晴らしい。
1stシングルにはロバート・ワイアットやトレーシー・ソーンが参加してる。

ロバート・ワイアットにはジャズ嫌いを矯正してくれた恩がある。

ワーキング・ナイツ~デラックス・エディションワーキング・ナイツ~デラックス・エディション
(2012/11/24)
ワーキング・ウィーク

商品詳細を見る