から
02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04

THE RUNAWAYS 

当初、日本盤には「悩殺爆弾/禁断のロックン・ロール・クィーン」という凄まじい邦題が冠らされていた。

裏ジャケットの各メンバー写真毎に年齢が記されているのも時代を感じる。

1曲だけオリジナルではない曲が収録されている。それがヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「ロックン・ロール」だ。
終始カウベルが鳴らされるところは、グランドファンクを彷彿とさせる。こんなアレンジは、なかなか聴いたことがない。

1976年というと、ルー・リードは「ロックン・ロール・アニマル」リリースの2年後だから、
“ロックの野獣”と化してステージで気を吐いてた頃。ギターにイアン・ハンターを迎え、
ハードなグラム・ロックを展開していた時期だ。

ランナウェイズのテイクは、とても同じ曲とは思えないイントロで、
むしろ次の曲「Lovers」や「Amerian Night」のギター・リフやコード進行が似ている。

The Runaways - Cherry Bomb
The Runaways - Rock 'N' Roll

映画「ランナウェイズ」は、ようやく日本でも公開された。
チェリー・ボムチェリー・ボム
(1993/11/21)
ランナウェイズ

商品詳細を見る

映画「ランナウェイズ」Webサイト--->http://www.runaways.jp/
-- 続きを読む --