から
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

世田谷歳時記・春夏秋冬~秋編~ 

2回目の今日は世田谷文学館にて企画展「森鷗外と娘たち展」を見学。

20101029
前回の講義で学んだ森鷗外と森茉莉、小堀杏奴についての知識をもとに実際に展示してある書簡や原稿などを見た。

一番印象に残ったのが、鷗外が嫁いだ茉莉へ宛てた処方箋。持病の腎臓の薬の処方箋で、これを持っているとお守りかわりになると記した鷗外の、医者としてでなく、父として娘を思う気持ちに胸が熱くなった。
未分類 |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集