から
08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

TELEPHONE「Dure Limite」 

Ivan Kralを訪ねる旅、フランスへ。
テレフォンの4thアルバムにして一番売れた「Dure Limite」(1982年リリース)は、ルー・リード「ベルリン」等を手掛けたボブ・エズリン(Bob Ezrin)がプロデュース。この穴あきジャケットフランス盤LPは下北沢のSTORIESにも置いてあった。
DureLimite(ジャケットより)
オープニングを飾るドラマチックでスケールの大きなタイトル曲、シングル・ヒットした「Ca (C'est vraiment toi)」へ。この曲は2003年教育テレビ「フランス語講座」で「6月の歌」として紹介された。 「それ、ほんとにキミっぽい」という邦題にのけぞったが果たして日本盤はリリースされていたのか?
PV--->Telephone - Ca c'est vraiment toi
全体的にソリッドな音だが、A面ラスト「Le Chat」はベーシスト、コリーヌの出番。ギターが猫の鳴き声を奏で、Ian McDougallのトロンボーンが怪しさを助長させている。
B面。「Serrez」は唯一のメタル・ナンバー。「Le Temp」は泣きのギター。「Cendrillon」は胸キュン(死語だな...)ソング。ライヴで観客とギタリスト、ルイが合唱する人気曲の一つ。--->Telephone - Cendrillon
スピーディでキャッチーな「Juste un Autre Genre」も良い。
Ivan Kralが曲を書いたのがラスト「Ce Soir est ce Soir」。前半は「Dancing Barefoot」の世界だが、途中で効果音が入り一転する。エンディングにふさわしい6分半の大曲。
改めて聴いても、やはりこの曲は異彩を放っている。
Dure LimiteDure Limite
(2004/04/27)
T醇Pl醇Pphone

商品詳細を見る

1980年テレフォンはNYのGBGBに出演している。
-- 続きを読む --
TELEPHONE |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集