から
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

周回道路=??? 

20060830214742.jpg
Naoero Hotelを出発し、ナウル島を1周する道路を歩く。20060830214814.jpg

南国の空のもと整備された舗装道路を ご機嫌で歩く。20060830214837.jpg

1時間近く過ぎた頃、いつの間にか道がカーブしている場所に辿り着く。
20060830214914.jpg
車はみな例外なく そのカーブの方に曲がって行く。わざわざ迂回することもないので迷わず直進し歩き続ける。

20060830214945.jpg
かすかに遠くから車とは違う種類のエンジン音が聞こえてくる。
しばらくすると現れたのはエアナウル機。
何と道路が滑走路になっていたのだった!
しかもこれから離陸という時間帯に迷い込んでしまったのだ。
こんな機会は滅多にないと思い遠くに離陸を控えた飛行機を望遠で狙う。
20060830215010.jpg
20060830215036.jpg
嬉しくてカメラを構え夢中でシャッターを切っていると血相を変えた職員が走って来て、手で首を切るジェスチャーをしながら早く離れろみたいなことを叫んでる。
それを見てようやくただならぬ状況を察した次第。
慌てて「滑走路」から走り去り「空港」から離れる。
やがて爆音とともに離陸するエアナウル機を目の当たりにして恐怖に襲われる。

後で地図を確認したらホテルから3kmほど先に確かに「AERODROME」と記されている。
まぎれもなく数日前に降り立ったナウル空港である。
写真には信号や表示灯、風向旗らしき物も写っていた。
一つ間違えば命を落としかねない状況だったことを改めて実感。大いに反省。