から
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

エアブロイのラガー 

20060720141812

7月末まで限定の「エルンテン」。
さすがにヴァイツェンの後だと苦味が強い。ラガー本来の重厚な苦味が利いている。が、しかし!これでもライトラガーのカテゴリーだとは.....。

セントレアでミュンヘンビール 

IMGA3690.jpg

セントレア夏イヴェントの一環としてミュンヘンから毎週空輸されてくる生ビールが飲める。

IMGA3692.jpg

今の時期だと、季節限定のライトラガーが飲める。

IMGA3691.jpg

エアブロイのバイツェン 

20060720140855

セントレアにて沖縄出発前にミュンヘンから直輸入の生ビール。
エアブロイのヴァイツエン「クラムス」

ビットブルガードライヴ 

20060625210911.jpg
セントレアのレストランでもワールドカップ期間中はドイツビールを提供。
ビットブルガー(\600)、エルディンガーヴァイツェン(\900)、コストリッツァー黒(\700)、ウルボックなど、テイクアウトも可能。
20060625211136.jpg
メニューにはなかったけど冷蔵庫にビットブルガードライヴ発見! 500円也。
20060625211342.jpg
別の店で買った天むすと鯖鮨でをスカイデッキに持ち出し、飛行機を眺めながら昼食。
嬉しいことに王冠はスクリューキャップ。
20060625211407.jpg
ドイツのアルコールフライブロイ(ノンアルコールビール)の味としては、今まで「ゲステル」(ヘニンガー)、「クラウスターラー」「ホルステン」の順だったけど、今回初めて飲んだビットブルガードライヴで一気にダントツ首位に躍進。
他のは、甘味が後を引く(日本のノンアルコールビールは「ホッピー」以外は問題外)のが多いが、ビットブルガーは全く心地良い苦味だけでビール本来の味が見事に活かされている絶品。

セントレアでドイツフェア 

20060625210041.jpg
中部国際空港(セントレア)ではワールドカップ記念で7月9日までドイツフェア。
イベントプラザではミュンヘンよりルフトハンザで直輸入の「airbrau」(エアブロイ)が飲める。

20060625210128.jpg
エアブロイグッズも販売。

20060625210157.jpg
ヴァイツェンとラガー、それぞれ大(500ml)700円、中(300ml)500円。
.....とここまで書いてると1年前のドイツ出張が想い出される。

biebels(Premium Alt) 

IMGA1896.jpg

デュッセルドルフ名物のアルトビール。
かなり香ばしく黒ビールに近い。

SPEZIAL HELL(Andechs) 

IMGA1895.jpg

スペシャルヘレスという意味だと思う淡色ビールの大瓶。(日本で言うと中瓶サイズ)
ホフブロイハウスから甘味を抜いたような感じのはっきりした味。
王冠のクレジット;
KLOSTERBRAUEREI
Seit 1455