から
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

American Girl 

1月、成人の日を含む3連休を利用して上海へ行った。

その年は元号が変わったばかりで激動の時代だったけど、
どこかでちょっと期待してた混乱もなく 海外への渡航もすんなり。

エアライン関連会社主催のフリーツアーが
たまたま目についたからか、
自粛一辺倒の日本から逃げ出したかったからなのか、
その街で作られている黒ビールが目当てだったのか。

ホテルは市街地から離れた所だったけど、
さすがエアラインの関連ホテルだけあって豪華だった。

市街地へのアクセスは日に数本のシャトルバスしかなく、
何もすることもなくロビーにいると、
ドアが開き、少し急いだ感じの女性が駆け込んで来た。

彼女はロビーを見渡すと、僕に向かって話し掛けてきた。
「帽子の彼女、知らない?」 予想だににしなかった流暢な日本語に一瞬たじろいだが、
悲しいかな、咄嗟に日本語って出ないもんだ。 「I don't know」

しばらく沈黙が続いた。 「来たよ!」
彼女が名前を叫んだ。
すると彼女の言う通り帽子を被り、
真っ赤なコートとロングブーツの女性が僕の脇を通り過ぎ
恋人同士のように彼女と抱き合った。
まるで映画かドラマの1場面でも見てるように目を丸くして
僕はその場に立ち尽くしていた。
本当に恋人同士かと思った。

そうやって、撲は彼女と知り合った。

彼女は、アメリカから留学している友人で僕に声をかけた子、
を訪ねて中国に来たという。

その日から僕らは土地勘のあり、
3か国会話を駆使する留学生に引率され3人で行動した。

3日間はあっという間に過ぎ、帰国の途に着く。
飛行機の座席で彼女は僕の隣だった。

発着のトラブルで管制塔から着陸許可が下りず
空港上空を旋回し続けていても
ビールを飲み続ける撲に呆れていたのだろうか?

帰国後、数週間経って撲たちは再会した。
写真を渡すという常套手段だ。

ある晩、映画館に張り付いたような細長いショットバーで
エズラ・ブルックスの赤をロックで飲みながら彼女が呟いた。
「あの時、なかなか着陸しないで何回も旋回してたでしょ。
 ずっとこのままだといいなって思った。」 ???
生まれて初めてかもしんない、そんなこと言われたの。

僕は彼女のことがとても特別な存在に思えた。

彼女がブルーズやロックが好きなギタリストだってことは
その時は知らなかった。

そんな彼女から何本かのトム・ペティのテープを貰った。
オープニングの「American Girl」で撲はすっかり参ってしまい、
アンコールの「Shout」で完全にノックアウト状態だった。
なんてわくわくするロックなんだって。
それまで抱いていたイメージが払拭された。

春になり、ソロ・アルバム「Full Moon Fever」がリリースされた。
これがまた良いのだ。

彼女とは2年ほどで別れてしまい、
最近まで、トム・ペティを聴くのが辛くて避けてきた。
彼女との思い出が詰まっているのだから。
特に「Free Fallin'」なんてなおさらだ。

今でもあの映画館の裏を通ると思い出す。
ショットバーは無くなっているけど、今なら聴けそうな気がした。
20年ぶりにあの頃のテープを聴いてみた。

彼女と知り合うきっかけになった留学生には、今でも感謝してる。

彼女とは元号が変わる激動の時期に付き合い始め...。 inspired by
Tom Petty And The Heartbreakers - American Girl

R.I.P.
Tom Petty
1950-2017





-- 続きを読む --

テーマ: 男性アーティスト

ジャンル: 音楽

epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

R.I.P. Jim Diamond 

7年ぶりにこの人のことを書くのが訃報

あんなに好きだった人が亡くなってた
それ2年間知らなかった

bacco.jpg
108円均一で投げ売られてたこのレコードが目に留まった時
勿論Jim Diamondが此の世に居ないなど知る由もなく

夢中になって書いてたブログも2010年で停まってる
Jim Diamondカレドニアの詩人

長らく肝炎を患ってることはオフィシャルサイトで知ってたけど
そのサイトも少なくても2年以上見てなかったということだ

カースティ・マッコールの時も
トーマス・ディーセルム
亡くなったこと以上にそれを何年も知らなかったことが
悲しかった

いや違う

なの思い上がりもいいとこだろ



Ph.D.「I won't Let You Down」

ソロになって「I should have Known Better」
アルバム「Double Crossed」

THE CROWD「You'll Never Walk Alone」

そして故郷カレドニアへの想い

もいちど書くよ

スコットランドでもなく、
グラスゴーでもなく、
愛着を込めカレドニアと呼びかける彼は
「カレドニアの詩人」なんだと。
-- 続きを読む --

テーマ: 男性アーティスト

ジャンル: 音楽

epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

本田美奈子「Oneway Generation」CDV 

OneWayGenerationCDV.jpg


おそらくリアルタイムで買った唯一のアイテム

勿論今も現役で聴いてる

ただ、映像パートは見られなくなってしまったけれど


「孤独なハリケーン」
やがて空に 吸い込まれて 眠る時まで

二度と会えない 遠い場所へ
運ばれたって 怖くない




持て余し気味な声で叫ぶのがこのナンバーの身上

それが却って切ない



「CRAZY NIGHTS」
イントロが長い分、高揚感が増し
ファンファン鳴りわたるシンセも80年代サウンドそのもの

全てが日本語版より圧倒的に素晴らしいテイク

英語の発音やシャウトに精一杯ぶつかって臨む様が伺える

「SNEAK AWAY」「HEART BREAK」
この英語版2曲はアレンジ、唄い方どれをとっても
エロいのだ

当時流行のサウンドで荻野目洋子や中山美穂も挑戦してるけど
数段エロいし仕上がってる
明らかにストロークビートな「HEART BREAK」に至っては
20歳にしては尋常でないエロさ

この曲をジャマイカでのスライ&ロビーの
ライブで唄ってるのも末恐ろしい


「SNEAK AWAY」は東芝「Walky」CMソング

このコスチュームって、、、1987年にして



本田美奈子 1967.7.31. - 2005.11.6(享年38)

テーマ: ☆女性アイドル☆

ジャンル: アイドル・芸能

epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

A Tribute to Kevin Ayers at Underground Rock Cafe STORIES 

ケヴィンの命日って今日まで3月だと思い込んでたごめん

DSC_0788kevinのコピー


今回も貴重なシングルとか聴けた
DSC_0789kevinのコピー

テーマ: 洋楽ロック

ジャンル: 音楽

epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

A Tribute to David Bowie Vinyl club at Underground Rock Cafe STORIES 

おそらくDavid Bowieで持ってるレコードは「クリスタルジャパン」の
日本盤だけじゃなかろうか。

なので今宵も丸腰で臨む

11時半過ぎに入店

既に満席状態

はからずも最新作を聴けた


30年以上の話だけど

その頃はDavid Bowieを知らず

FMで流れてた目茶苦茶かっこいい曲が

ボーイ何とかってDJが言ってたのを聴き逃した

必死でその曲を探すも、そもそもアーティストすらわからんのだから


そのうちDavid Bowieの存在を知る

声からして間違いない

おそらく代表曲だろうからと勝手に「HEROES」とかだと思ってた

でも違ってた

当時はアルバムを片っ端から聴くことなどままならず

ようやく「Stay」であることがわかる

それでも収録されているアルバム「Station to Station」も聴けず




生まれて初めての洋楽ライブが武道館でのシリアスムーンライトツアーだった

「レッツダンス」中心のライブだということは覚悟してたが


やってくれたのだ「Stay」を

武道館のあの急な段から落ちんばかり狂喜乱舞

南東2階席から豆粒のようなDavid Bowieがやってくれた



なこととか


ジギースターダストはバウハウスで知ったんだよね

その後オリジナル聴いたら、まんまだったっけ

とか

宮沢りえ1990年紅白のパフォーマンス

とか


派生するあれこれを喋りだすと本当に尽きない

DSC_0764Bowie1のコピー


3時間ほど滞在、去り難く離脱。

DSC_0765BowieTribute.jpg





下北沢 STORIESにて。

テーマ: 洋楽

ジャンル: 音楽

epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

R.I.P. David Bowie 

2016最初の記事


去年6月の新聞折り込みで入ってたマリクレール
DSC_0739Bowie.jpg

“Please keep
 in mind that
 music is the
 core of this
 exhibition”

DSC_0740Bowie.jpg

David Bowie(1947.1.8 - 2016.1.10) 享年69
R.I.P.

テーマ: 洋楽

ジャンル: 音楽

epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

ネルソン・マンデラ 三回忌 

先日、初めてPANTAと話す機会を得た

「ネルソン・マンデラ来日歓迎LIVEの時に(初めて頭脳警察を見た)、、、」

「あぁ!懐かしいねぇ。
 何年前だろうね、あのネルソン・マンデラの」

「25年位前だと」

貴方が初来日したのが1990年
その歓迎LIVEで初めて頭脳警察を観て以来、ファンなのだということを伝えることができた



此の世は相変わらず騒がしい

どうしてこうも次から次へと厄介なことが起こるのだろう

それは人類へ与えられた試練だと

言うのは容易いけど

そんな陳腐に飾り立てたところで何の糸口にもならない

だから貴方に訊きたい

そもそも27年間もブチ込まれてもなお屈せずに

アパルトヘイト撤廃はゴールではなく

エイズ、紛争、難民と様々な問題解決に向け奔走した貴方は

何が貴方をそうさせてるのかというのは

愚問だと思う

考える前に行動

身を以て示してくれた貴方だからこそ

それを守っていく


20151205_20090503100507c1a.jpg

テーマ: 音楽

ジャンル: 音楽

epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

Blood Axis & Les Joyaux De La Princesse「Absinthe - 」 

―――アブサン無しの人生なんて想像つかない
1890年 Marie Corelli




たまたま
ほんとたまたま手にしたレコードだった

この10インチ3枚組、見てはいけないもんかも。
念の為、市場価格確認し硬直。
10分の1近いじゃんか
でレジ直行。
予備知識ゼロでジャケ買いしたの久しぶり。

何せ習慣性の強いニガヨモギゆえ発禁になった
アブサンゆうリキュールがタイトルなんで。
DSC_0581.jpg

David Weinstein「Perfume」以来の怪しさゆえ その晩は危険と判断、
翌日改めて聴くことに

何せ角砂糖を載せアブサンに浸けて着火するスプーンや
「アブサン飲用による影響」みたいな冊子やカード類が入っとるのだよ。
そんなもんまで封入するかよぉ

Discogsには2枚組って情報しか載ってないのに3枚目があるし、、、

写メ撮るのしんどいんでDiscogsの画像。
R-292159-1101721150_jpg.jpg
R-292159-1232051267_jpeg.jpg

限定1300。

J-M. Ferdinand Moreauによる
"De la Liqueur d'Absinthe et des ses effets" (36ページある)
インクと紙の匂いに思わずむせる。


さて

かなり構えて針を落としたのだけど
虚を突かれた

けれどB面あたりからドローンが効き始め
無限ループのエンディングにも気が付かず聴き続け

アブサンにインスパイヤされた詩の朗読とか怖すぎる

いかんこの退廃と背徳

駄目だとわかっていながらも踏み外してこそ人の道、、、

やば
相当まわってきとる



薄紙で丁寧に包まれて帯で留められている謎の3枚目を
恐るおそる開けてみると、グレーのレコード。

レーベルを見て、情報公開されていない理由が判明

フィリップ・アンリオに捧げられている。

この人物はヤバいだろ

ポストカードもフィリップの葬儀や墓の写真、、、


音は、
ライブ音源なのか全く持って不明

もはやそれはどうでもよい

粛々と終焉に向かう後半。

やっぱ、この絵なんだろうか行きつく処は
Absinthe1.jpg

しかし
こんなもんまで入ってるとはけしからん。
嬉しいじゃないか。
DSC_0584.jpg


今出回ってるアブサンなんてのは可愛い方で
それこそ命がけで飲んだはずだ当時は

ニガヨモギは、
アブサンの他、チンザノなどのヴェルモットにも
使われてるんで要注意

ちなみにニガヨモギのロシア語訳が
チェルノブイリだというのは誤りで
正しくはニガヨモギの仲間である
オウシュウヨモギが
ウクライナ語でチョルノブイリ(黒い草)と呼ばれる。

もちろん自生している周辺の地名「チョルノブイリ」は
そこから由来する。


それにしても
何ものの仕業だ

昨日、向かいのミニシアターのカフェに大きな写真が飾られていて
はっとした。

一時期傾倒してた見沢知廉の祥月命日が9月7日だった。
今年で十回忌。

そういうことなら得心。


供養になった。
epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

「残ったのは陳腐な言い訳と後悔の言葉だけ」 

そのちっぽけな島の周回道路が滑走路の一部になっているなんて
何も知らない僕はいつの間にか滑走路と気づかず歩いていた


やがてエンジン音が聞こえてきたと思うとどんどん大きくなってく

プロペラ機がこちらに向きを変え始めた


スゲーなこれは近くで見れていいや と呑気にカメラのシャッターを切ってた

ファインダーには猛ダッシュして来る血相を変えた職員

手で首を切るジェスチャーをしながら

「お前、死にたいか!」

爆音の中ようやく聞き取れ

はっと事の重大さに気づき走って滑走路を離れる



ほんとに死ぬとこだった 動悸が止まらない

後で地図を確認したら宿から3kmほど先に 確かに「AERODROME」と記されている。

まぎれもなく数日前に降り立った空港である


翌日、同じ周回道路を歩く
道端で大きな豚が横たわって行き倒れてる
昨夜の冷え込みで凍死したのだろう


思わず昨日の光景がフラッシュバック  足取りも重く歩き続ける


背後からクラクション


「はい!」


見覚えのある顔だと思ったら昨日の職員 でもフィッシャマーンズだぜ

「今日は非番。すれ違ったら お前だったよ、何処へ?」

関わりたくないし

「もう滑走路には行きませんから」
とだけ言って立ち去ろうとすると


「それがいい」
そう言いながらドアを開けてくる

「案内するよ、島」

頼んでないし


案内してくれるのは有り難いけど どうも釈然としないものがあった


「お名前は?」

「ハナ。」


「はい?」


語気を荒め
「ハナ!」

車を止めダッシュボードの紙切れに走り書き

“Hannah”

「あぁー、ハンナー、、、」

僕のイントネーションが気に入らなかったらしく
鼻を膨らませ不機嫌そうに
「だからハンナーじゃなくてハナ。空軍通信部隊所属」

そこまで訊いちゃいないけど…



「ここは島の宝。だけどもうすぐ墓場」

良質のピート、つまり泥炭の採掘場なのだけど
それにも際限ってものがある  紛れもない化石燃料なのだ

麦芽を乾燥させる燃料に使われるピートのおかげで
燻煙の香りが麦芽に染み込んで美味なるモルトができあがるのだけど

そして古びた砲台
写真撮ってやるから砲台に登ってみろと言う

僕は兵器が嫌いだと言いかけたけど止めといた

命の恩人なのだし


少し滅入り気味の僕を察してか
「疲れた、少し休憩」


そう言ってハンドルを切った先の建物には MOTELと書いてある。
僕は、いわゆる「連れ込み」のイメージしか持ち合わせてなく

でも今で言うところのラブホとは全然雰囲気違うなと
当たり前ながら感心することしきり


部屋に入り簡素なセミダブルにダイビングするハナ

そのまま仰向けに手を頭の後ろに組みじっと天井を見つめてる

僕は所在なく端に座っていた



不意に後ろから肩を抱えられそのまま背中に覆いかぶさってきた

「今日、疲れたな」

「うん」

そう言ったまま一体何分そのまま固まってたんだろうか

もしかしたら何十分…微動だにできなかった

そして
「行くよ」


また車を走らせる

「お前、いくつ?」

「19、あーそう明日で20です」


しばらく間が空いて
「じゃ今晩、宿に迎え行くから」


少し微睡んだら夕方になった

宿の外に出てみる  昼間とは違う車がやって来る

それから5分後、撲は見ず知らずの島民に囲まれトラックの荷台で揺られてた。

着いたのは「the triton」というパブ

こんなクソ寒い島によく言うぜ
とは口が裂けても言えず


週末のパーティに招待してくれたようだ


そこで僕は知った

ビールは常温で飲むものだと

少なくともこの島、この国では そしてそれはビールとは呼ばない


「地下にあるタンクのエールをパイプ越しにカウンターから引っ張り上げるんだ」
指差した先にはサーバーのレバー

は、、、それでドラフトって言うんだ 今まで使い方間違ってたよ


ハナは好物だというソフトシェルクラブを口に運びながら

「もちろん軍隊は」

結構そういうのは顔に出るみたいだ
いくら通信部隊とは言え軍人に変わりはない
そんなに親しくなっていいのかお前。

そんな僕を見透かしてか
「守るため」

「殺す為じゃない」
語気を強くして自分に言い聞かせるように


それはわかってますと言いたかったけど口から出なかった

周りは、まさに「The Sailor's Hornpipe」の世界
皆、呑んだくれ千鳥足

「20歳の誕生日、たった独りで宿の部屋、なんてことにならなくて
 こんな大騒ぎの夜になるなんて。」

「それがいいかな」
少し表情が和らいだ


帰り際にハナの友達から握手を求められた。
何気なく応じると、手に小さく丸められた紙幣が握らされていた。

「これね、島の習慣。私と私の友達から貴方に。
この島に来る人は皆、幸福を願ってこうやって贈られるもの」


外にハナが待っている。



朝、ハナの部屋で目が覚める


「軍人がこういうのって変?」

フィッシャーマンズの袖を通しながら呟く

ハナは思った以上に華奢で、
だから厚手のフィッシャーマンズなのかと改めて思う

そしてその表情は心細く物憂げなで昨日までとは全く違う


しまった、また顔に出て


「名前ね、Hannahってジャンヌやジョアンナ、ヨハンナと仲間。
 恩恵とか恵みが語源なんだけど、おかしいでしょ軍人なのに」

何も応えられない

「たとえ武器を投げ出して 投降して飢えを逃れても
 指を切り取られ 腕をもがれたとしても」

ため息混じりに続ける
「ありふれた弱音を吐いて 怯えた日々を過ごすだけだと思う
 それでも曖昧な微笑みを浮かべ 歪んだ空を仰ぐつもりなのね」

独り言のように話し続けるハナ

「生きる資格 というものを教えてほしい
 生きる、何故? 意味は? 何のために、どうして」

やりきれない

「偽りの微笑みと“正直”さ とか
 隠された悪意の“ひたむき”さ とか
 もうたくさん
 おかしいよね軍人なのに」

諦観したような表情を見るのが辛い


Hannah、ジャンヌと仲間だって知らなかったよ

ハナ - 預言者サムエルの母。
ハナ・スネル - 男装し性別を偽って兵士となったイングランドの女性。
ハナ・スミス - 長寿世界一であったイギリス人女性。
ハナ・ヘッヒ - ドイツのダダイスト。
ハナ・ライチュ - ドイツの女性パイロット。
ハナ・リデル - イギリスの宣教師。
そしてジャンヌ・ダルク



結局、自分の思ってることも釈然としないことも
そんなもん抜きにして ただ愛おしいってことも
何一つ伝えられなかった

...ということさえも言葉にできず呑み込んでしまう


空港には軍服に戻ったハナが見送りに来てくれた
あの時とっても愛おしいと思った表情と同じ人とは思えないほどで

但し

摘み取ったばかりの馨しいシロツメクサで編んだネックレスを手に。
「お前、もうどうしようもないくらい途方に暮れ果てた顔してた。
 そして、とてもシャイで。
 でも、もうそんなことない。 これから色々な人と出会っていく、それがいい」


昨夜の答えだと思った。


あの昼間、寒さで行き倒れた野豚が横たわっていた、
その脇を僕は一体どんな情けない顔して歩いてたんだろう。


昨夜、うわ言のようにハナが呟いていた

このふらついた心に 
華奢な身体が役立つなら

役に立つなら

テーマ: ショート・ストーリー

ジャンル: 小説・文学

epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

空の免責 

DSC_0514.jpg
epitaph |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集